海のまにまに

社会人三年目看護師の青海波の備忘録。転職3回、辞めたい、やる気ない看護師のための生存戦略について書きます。ついったー→@M3TrEpFEYj8F0ac

休職のススメ! ~休職は一時緊急避難です~

 こんにちは!

 有毒看護師アカウントのアルターエゴ、青海波です!

 

 最近、Twitterをやっていると、日々、看護師の過酷な労働環境がたくさん流れてきて、「看護師ってやっぱり異常な環境なんだな~」と噛み締める日々です。

 

 そんな環境から抜け出して欲しくて、新卒でも看護師としてお金を稼げる方法をこのブログで紹介しているのですが、今回はその前段階である(という言い方もおかしいですが)休職に対して書こうと思います。

 

 全て私の経験ですが、

 

「もう毎日仕事辛い……」

「病棟に着いたらわけもなく涙が出るようになった」

「食事が食べられない」「過食をするようになった」

「頭が回らなくなった……」

「夢でも働いていて休んだ気がしない」「眠れない」

「休日も動けない」「休日は現実が嫌過ぎてしょっちゅう出かけている」

「このままあと三年も看護師続けるの?死にたい……」

 

 などなど、死にそうになっている看護師の皆さん!必見ですよ!

 

 もうそんな段階になったら、というかそんな段階になりそうだと容易に想像出来たら、ごちゃごちゃ考えず、その時点でもう休みを取るべきなんです。

 

 でも、休職ってメリットもあるけど、デメリットもあるんですよね。

 確かに休みを取るべきなんだけれど、あくまで休職って、一時の緊急避難的措置なんです。場合によっては、それで更に精神を病んでしまう場合があります。

 今回はその部分も説明していきますね。

 

 では、休職に至るまでの流れをご紹介します!

 

心療内科へ受診します

 まずは、何処でもいいので、スマホで検索して、心療内科を受診してください。

 医師と合う・合わないは二の次で、とにかく受診することが大切です。

 そこで、泣きながら話を聞いてもらうのも良し、その時点で診断書を書いてもらうのも良し!

 だいたい初回なら『適応障害』の診断が出ますね。

 診断を出さないのなら、薬が出るでしょう。私はデパケンストラテラが出ました。

 職場で『優先順位が考えられない』とか『行動が遅い』、『食事がまともに取れない』『ずっと泣いている』とか、まぁそんな感じのことを相談したら出されましたね。

 確か、「勘違いしないんで欲しいんだけど、これは子育てで追い詰められている親御さんとか、ちょっとしんどい人にもよく出している薬だから……」なんて言われましたね。

 後で調べたら、気分安定剤ADHDに対するお薬でした。

 デパケンはともかく、ストラテラは初診で出すような薬じゃないよな……とは思うんですけどね……。

 

 あと、診断書はお金がかかります。

 だいたい2000~3000円、高くても5000円以内ですが、医療機関によって全然違うので、ご注意ください。

 

②職場に連絡して休職に入ることを伝える

 診断書を貰ったら、次の日の朝に職場に診断が下りたことを連絡します。

 私の場合、とりあえず病棟に繋いでもらい、なるべく上の人に電話を代わってもらいました。

 話すのは非常に勇気が必要でしたけど、当時は休みたい一心で頑張りました。

 でも、電話が苦手だったり、いきなり休むのに抵抗がある人は、病棟に出勤して、直接師長に渡してもいいと思います。

 ただ、診断書の受け取りを拒否されたりしたら、そのまま次の日から休んじゃいましょう。

 

傷病手当金の申請書などを書く

 診断書を渡したら、次にしなければいけないのが傷病手当金の手続きです。

 公立の病院などはだいたい休職中にも給料が出るのですが、それ以外の病院は給料が出ません。

 

 ひどいですよね~。病院の労働環境のせいで肉体と精神をぶっ壊すことになってしまったのに~。

 

 で、その出ない給料の代わりに、傷病手当金を申請することになります。

 

 これは連続する三日間を含む四日間以上休んだ場合に、病院が入っている保険会社から支給されます。

 傷病手当金の額は、一日辺り

 

支給開始日以前の継続した12ヶ月間の標準報酬月額を平均した額÷30日×2/3

 

 と決まっていますが、簡単に言えば、

 

 毎月、月給の80%ぐらいが支給される

 

 と考えて差支えないでしょう。

 

 期限は、最長1年6か月受け取ることが出来ますし、その間であれば、仮に復職して、また休職になってしまっても支給されますので、ご安心ください。

 

 その申請書は、だいたい病院が用意してくれるか、ネットでダウンロードするかなので、そこら辺は病院の指示に従ってください。

 まぁ、一人暮らしだとプリンターが無いという状態の方が多いので、病院に用意してもらうのが無難でしょう。

 

☆休職にあたっての注意点!

傷病手当金が下りるのには時間がかかります!

 傷病手当金を申請して、それが承認され、実際に降りるまではだいたい1~2か月かかります。

 その月は給料で過ごせるかもしれませんが、その次の月になると、金銭的に厳しくなるかもしれません。

 ひどい時には3か月以上かかる場合もあります。

 なので、必ず休職するには1~2か月分のお金があるかどうか確認するのはもちろんですが、

 会社側に、いつ傷病手当金が下りるのか、必ず催促確認しましょう!

 

②休職してても年金や税金、家賃や光熱費などは払わないといけません

 もちろんですが、働けない状態であっても、年金や税金、家賃や光熱費を払わないといけません。

 また、私の場合は、職場が属している保険会社から、傷病手当金を支給されているのにも関わらず、保険料を後から請求されてしまったことがあります。

 

 なので、払えない場合は、必ず払う先に相談してください。

 私は家賃、光熱費、住民税は払えましたが、年金は市役所に行って相談し、免除してもらいました。

 また、保険料は、1~2か月支払いを延長してもらいました。

 

③絶対に不安に苛まれます

 実際、私は予想以上に社会保障費などの出費が多く、休職ライフはあまり続けられないと判断したので、結局休職した後辞めましたけどね(笑)

 休職中はバイトも出来ないし、ただ膨大な時間だけがあって、悪いことばかり考えてしまっていました。

 不思議ですよね。休職前は、「永遠に休んでいたい、せめてゆっくり眠りたい」とばかり考えていたのに。

 

 マジで、おちおち病むことも出来ない①、②のデメリットですが、1~2か月ぐらいのその場しのぎには最適だと思います。

 切羽詰まっていたら、とにかく少しでも休んで、頭を冷やしてください。

 

 でも、実家に戻れる人は絶対実家に戻った方が良いし、友人や知人を頼れる人は、思う存分頼った方が良いです。

 お金のない不安や、先行きが不透明な不安は、簡単に自分を蝕みます。そんな不安と戦うことが、一番大変です。

 下手したらそれで拗らせます。

 

 

 ここまで書きましたが、本当に、あくまで休職は一時の緊急避難です。

  自分の心身を休められたとしても、新人ではどうしても技術面で遅れを取りますし、現実的な問題は何も解決していないに等しく、最早自分一人で抱え込むのは不可能に近いです。

 

 なので、休職中は、まず周りの人にたくさん頼って、思いっきり自分を休ませる体制を取ってください。

 落ち着いてから、職場に相談して、今後のことについて決めましょう。

 

  

看護師以外なら何で稼げるのか

 こんばんは!

 最終的に看護師辞めたい!看護師の、青海波です!

 

 いや、だって……、看護師なんて、やっぱり何処まで行っても肉体労働ですし、比較的マシな移動検診の仕事も、早出とかしんどいですから……。

 週5でこの生活が何年も続くのかと思うと無理……やっぱり無理……。

 

 というわけで☆

 

 看護師以外のスキルアップにも挑戦しようかと!

 

 英語とプログラミングを少しずつやってみようかと思っています。

 

 Twitterとかで、海外で自由に働いているSEのアカウントを見ると、楽しそうだな~、頭良い人の働き方ってこんななのか~と思って憧れますので!

 

 とりあえず海外には出てみたいと思うんですよね。

 この世界だけだと絶対息苦しいですし。

 

 なので、バスの移動中の時間だけでも、頑張ります……!

休職がバレないようにする方法!

 こんばんは!青海波です!

 お待たせしました!

 

 本日は、タイトルの通り、休職がバレないようにする方法を提示させて頂きます!

 

 辞めたい新人看護師も、新人じゃなくても辞めたい看護師も、必見です!

 

 私もそうだったのですが、ぶっちゃけ、適応障害鬱病の診断を受けて、休職してから辞める看護師って、多いですよね。

 

 そういう時に気になるのが、元の職場に復職せず、転職する時です。

 

「休職したことが、次の職場に転職する時に、マイナスになってしまうのでは?」

「休職したことを隠して転職しても、何かの拍子にバレてしまうのでは?」

 

 そんな、不安な想いを抱いてしまうのも無理からぬことでしょう。

 そもそも、今の時代、心を病まない人間の方がおかしいのですが、企業の人事というのは、上の、鬱とは無縁で生きて来たモーレツ世代が牛耳っているため、未だに休職やらうつ病やらに偏見がある人達も多いのです。

 

 ですので☆

 

 あくまで、ある程度精神状態が回復し、医師からも就労許可が出ている、という前提で、裏技(というほどの大げさなものではないですが)を書かせて頂きますね!

 

 

①来年の一月までは転職しない!

 

 ぶっちゃけ、これが一番確実です(笑)

 どうしてかと説明しますと、『源泉徴収票』の関係です。

 

 入職するとなった時、職場に提出しなければならない書類がたくさんありますが、その中のひとつに『源泉徴収票』という、いわばその人の、その年の一年間のお金の出入りが書かれた書類があります。

 この書類に、ハッキリ「休職」とは書かれないものの、休職中のお金の動きも全て書かれてしまうため、休職になっていきなり収入が減ったりすると、「おかしいな?」ということになるわけです。

 

 「家族の介護で……」など、理由をでっち上げても支障はありませんが、一番確実なのは、その年の『源泉徴収票』を提出しないことですよね。

 源泉徴収票は、その年の、1月1日から12月31日までの収入と支出が記録してあるものなので、来年の1月1日からは、その前の年=今年の収入と支出は記入されなくなります。

 記入さえされなければ何もわかりませんので、休職したことを先方に伝える必要もございません(笑)

 

②理由をでっち上げる

 

 ①の文中でも書いた通り、休職中に収入が減少したことについて、「家族の介護をしていました」など、理由をでっち上げて伝えても大丈夫です。

 ただ、その場合、ブランクについて、相手はマイナスに捉えることがあります。

 なので、「仕事を休んでいた間にも仕事の勉強を進めていました」など、ブランクが空いた期間をポジティブに相手に返せるとベストです。

 

 

……、最後に 

 

 正直、休職していた期間があったことは、よほどのことがない限り、他の病院や診療所なども把握することが出来ません。

 先方が把握できるのは、あくまで「一定期間(休職期間中)、収入が低かった」という事実のみです。

 それに、源泉徴収票は一部の事務職員だけが扱うものになっていますので、普通はそれで何かを言われたり、ツッコまれたりすることはありません。

 

 なので、休職して、現在の職場を辞めようか考えている看護師の皆さま、ご安心くださいね。

 

 

 

ランキング参加しています!よろしくお願いします!


看護師ランキング

 

 

看護師転職サイトの賢い使い方!

 こんばんは!

 Twitterから来てくださった方も、そうでない方も!

 

 このブログを読んで頂き、ありがとうございます!青海波です!

 Twitterでは毒たっぷりの別名を使っていますが、それはそれ。

 

 今回は、看護師の転職サイトについてお話させて頂きます!

 

 あれ、登録すると、すぐ電話かかってきて、しかも担当者さんが凄く話が上手かったり勢いがあったりして、思わず呑まれてしまって、何も考えずに首を縦に振ってしまいそうになるんですよね~!わかりますわかります!

 

 かくいう私も、転職サイト経験者なので!

 

 というわけで、本日は、青海波流!看護師転職サイトの使い方について、ポイントをお話させて頂きますね!

 

 

①担当者さんのペースに呑まれないでください!

 

 はい、というわけで、冒頭全否定でございます(笑)

 でも、ほとんどこの心がまえが全てです。

 

 過去の記事にも書きましたけど、転職サイトの担当者って、看護師とか、医療従事者じゃないんですよね。

 そこら辺の、医療業界のこととか何も知らない人達がその会社の中であなたの地域を受け持っているってだけなので、何処の病院やクリニックが募集をしているか、とかはわかっていても、

その内情がどうか、実際、どのような人が働いているのか、とか、どんな技術が必要か、とか、そういうところまでは

ぶっちゃけわかっていないですよ。

 

 ぼやぼやしていると、人手不足のブラックな病院やクリニックなどを紹介されてしまう可能性が高いです。

 

 あと、担当者の手腕によっても、紹介される病院やクリニックがかなり違っていたりします。

 あまり病院やクリニック側と良い関係を築けていない担当者に当たってしまうと、かなり希望の労働条件と違うところを紹介されてしまったり、そもそも選択肢自体があまりなかったりしますからね。

 私なんか、物凄い家から遠い病院を勧められてしまって、「あ、コイツダメだわ」と初回の電話で切った担当者いましたから(笑)

 

 なので、絶対に絶対に担当者のペースに呑まれないこと!

 自分が希望した労働条件とあまりにかけ離れた職場を勧めてきたら、もう二度と連絡取らない、ぐらいの覚悟で!

 

 

 転職サイトは、あくまで転職を円滑に行うためのツールだということを忘れないようにしましょう!

 

②労働条件の優先順位をハッキリさせる!

 

 ①のスタンスを貫き通すためには、転職サイトに登録・連絡する前に、自分が次の職場に望む労働条件をきちんと確認し、優先順位を固めておく必要があります。

 

 譲歩しても大丈夫な部分と、絶対に譲れない部分をきちんと把握しておきましょう。

 

 そうでないと、担当者の話術にハマってしまい、自分が何を一番優先するのか、見失ってしまうことになります。

 

 最初にきちんと固めておけば、担当者にそのことをしっかり伝えることが出来、より自分の希望する労働条件に合った職場を紹介してもらうことに繋がります。

 

③必ず複数の転職サイトに登録する!

 

 自分にとって最良の職場を選ぶためには、より多くの職場をきちんと提示してもらう必要があります。

 

 ひとつの転職サイトにしか登録していないと、①で述べた通り、一人の担当者の腕に全て依存してしまうことになるため、自分が希望している勤務条件に沿った職場を適切紹介してもらえない、なんてことになる可能性が高いです。

 

 なので、必ず複数の転職サイトに登録しましょう!

 

 その方が、色々な職場をより多く吟味出来ますし、次第にどんな担当者が良いのか自分でもわかってきます。

 

④転職サイトは金銭の移動が発生する!

 

 使いこなすポイント、というわけではないのですが、忘れてはいけないことがあります。

 

 それは、転職サイトを使うことによって、金銭の動きが発生する、ということです。

 

 といっても、利用する看護師側がお金を払うわけではありません。

 

 入職が決まった職場の方から、転職サイトの会社の方にお金が支払われるのです。

 

 そのお金の額は、私も厳密には知りませんが、100万円単位のお金が支払われるらしい、です……(ゴクッ)。

 

 なので、せっかく転職サイトを介して決まった職場でも、すぐに辞めてしまうことになってしまったら、職場の方はその分損をしてしまいます。

 

 現に、青海波の周りでも、転職サイトを使って入職した先輩が、部長から

 

「あなたを雇うのに物凄くお金がかかったんだから……」

 

 と嫌味を言われてしまったこともあったそうです。

 

 なので、転職サイトを使う場合は慎重に職場を選ぶことはもちろんですが、

 

 なるべく転職サイトは情報収集のみに利用し、

 

 勤務先候補には自分で連絡を取る

 

 といったスタンスの方が、職場に金銭的な迷惑がかからないといえます。

 

 また、転職サイトの担当者も、一度連絡を取ってしまうと、営業の電話がかなりしつこい場合がございますので、そうなる前に、

 

情報だけもらって後は着信拒否

……、でも何も問題はありません。

 

 なので、もし全面的に転職サイトを使うつもりでしたら、職場選びは慎重に。

 

 そうでない場合は、なるべく自分の手で、希望する職場と連絡を取り、面接などの日程を相談していくようにしましょう。

 

 

 以上、看護師転職サイトの賢い使い方!でした。

 

 いずれにせよ、転職については、なるべく落ち着いた状態で冷静に考えることが、自分が合う職場を引き寄せることに繋がりますので、焦らないで、じっくり選ぶことが大切です。

 

 

 

 ランキング参加しています!よろしくお願いします!

 


看護師ランキング

 

 

 

看護師一年目の課題は本当に必要か

 辞めたいやる気ない一年目看護師の皆さん!

 

 一年目じゃなくたって、辞めたいやる気ない看護師の皆さん!

 

 こんばんは!

 やる気ない、自分の幸せのみを追求する看護師アイドル☆青海波です!

 

 

 

 ……、冗談はさておいて。

 

 本日は、「看護師一年目の課題は本当に必要か」ということについて、お話していきたいと思います!

 

 青海波が勤めた二つの病棟で共通していたこと……。

 

 それは、

 

「全く意義を感じない課題が日々課されていたこと」

 

 です!

 

 他にもろくでもない共通点はたくさんあったのですが、今日はこの部分に焦点を当てていきたいと思います!

 

 では、「全く意義を感じない課題」とは何か?

 

 私の場合は、「日々の振り返り」の記録でした。

 

 あれは面倒かつ、全く意義を感じない課題でしたね。

 

 入職したばかりの時はまだいいんですよ。

 自分の一日の行動を振り返れますし、それによって大まかな流れをつかめますし。

 でも、それ以上の効果ってないんですよね。

 せいぜい一か月ぐらいで止めて、後は自由に自分がわからないところをその都度調べていく、っていうのが一番いいと思うんですけど、まぁ病棟側が延々とさせたがることさせたがること(笑)

 

 ぶっちゃけそれも含めて疲弊したっていうのはありましたね。

 しかも、指導者すらちゃんと中身見ていないですからね。それでも、「〇日分、出ていないわよ!」だなんて、出し忘れた日数はきっかり数えているんですよ。

 

 おっそろしいですよね(笑)

 

 まだ学生ならわかるんですよ。

 勉強するためだけに時間を与えられている身分であれば、まぁそういうのも仕方ないのかなというのもありますし、私達にはわからない、先生方だけが感じている効果(笑)みたいなものもあるのでしょう。

 

 でも、働いているんですよ?

 

 看護師一年目だからって、まだ未熟だからと言っても、働いているんですよ?

 

 午前中だけ働いて、午後は勉強の時間、とかじゃないんですよ?

 

 朝は情報収集のために一時間前から前残業して、

 夜は申し送りの後に、まだ未熟なのに課せられた膨大な仕事量の中でやり残したケアをやったり、終わらない記録に頭を悩ませたりしているんですよ?

 

 先輩方より遅く終わることなんてしょっちゅうなのに、疲労困憊した頭と身体で、上から課せられた、意義もよくわからない課題をやらなきゃいけないんですか?

 

 それで、教育、指導をした気になっているんですか?

 

 控えめに言って、マジでクソですよねぇ~(笑)

 

 

 本当に必要なら、きちんと自分で調べますよ。

 それでわからなかったら、ちゃんと質問しに行きますよ。

 

 どうしても課題を課したかったら、「日々の振り返り」なんてクソなものではなく、

 

その病棟で良く扱う疾患や、具体的なケアの方法をマニュアルにまとめて、その中からテストする……、

 

ぐらいの気合の入れ方しないと、マジで無駄だと思います。

 

 実践で使えない知識ほど、無意味で無価値なものはありませんからね。

 貴重な休み時間を割くのであれば、それぐらいのクオリティの課題を提供しないと、それ相応のものも返ってきませんから。

 

 それを行う余裕もないなら、最初から課題なんて出すなよ☆このクソ忙しいのに☆って話です。

 

 

 ……、とはいえ、課題で苦しんでいる一年目看護師の方もいらっしゃるでしょう。

 

 とりあえず、その場をしのぐ方法としては、

 

 ・教科書の丸写し

 ・書き手の身分がしっかりしている(実名、勤務先公表など)サイトの丸写し

 ・勤務中に先輩から聞いたことをそのまま書く

 

 ……、で、いいと思います。

 

 ただし、どれも自分なりに読んでおき、わからないことをひとつ、ピックアップすることが大切です。

 

 丸写しを出せば、「こんなんじゃ勉強にならないよ~?自分の言葉でまとめなきゃ!」なんて言ってくる、クソ先輩看護師は必ずいるでしょう。

 

 その時に、質問を一つ作っておけば、

 

「実は、○○のところがよくわからなかったので、丸写しになってしまいました……」

 

 と言えます。

 

 そもそも、自分の言葉できちんと書けたり、説明したり出来る、という時点で、もうその部分は自分の中で理解出来ているも同然なのです。

 だから、本来はその部分の課題をやる必要すらないんですよね。

 

 そこで、質問して、教えてもらったことを取り入れて、丸写し+αにしておけば、少しは「自分の言葉でまとめた感」が出るはずです。

 

 見せかけるのってとっても大事ですよ~!

 

 なんせ、指導者にも時間がありませんからね。そんなにじっくり読んでいる暇なんかありませんし、万が一じっくり読まれたとしても、自分が指導した言葉が取り入れられているとわかれば、どれだけ出来が悪くても、とりあえず納得はします。

 提出された実物があれば、基本無視はできませんから。

 

 でも、百万が一、看護師の猛獣の猛獣みたいな人が、「こんなのはダメ!もう一度やり直してきなさい!」みたいなことを言ってきたら、

 

 本当に逃げてください。

 

 我々と同じ脳の構造ではないのかもしれません。いや、冗談ではなく、本気で。

 

 その職場からはさっさと逃げた方が、後々自分の身のためになります。

 そんなお局と無理矢理付き合っていくより、自分が働きやすくなるような、新しい職場を見つけることに専念しましょう。

 

 

 ランキング参加しています!よろしくお願いします!

 

 

 


看護師ランキング

保健師になりたい人達へ ~ブラックな市町村の見分け方!~

 こんばんは!青海波です!

 

 実は私、短い期間ですが、保健師していたことがあります。

 

 ……と言っても、すぐクビになったんですよね。

 

 入職三週目に、初めて母子相談の見学をさせてもらったのですが、よく見ようと思って先輩保健師の後をくっついて行ったら、来訪してきた母親に普通の職員と勘違いされてしまい、それが原因で

 

発達障害なのではないか?」

 

 と言われてしまいました。

 

 当初は

「障害を抱えたままでも仕事している人もいるから……」

 などと言われていたのですが、1か月、2か月……と経つにつれて、

 

「あなたが働いていても、住民達のためにならない」

 

 と言われ、退職まで追い詰められてしまった……という流れです。

 

 

 ……、普通にこれ、パワハラですよね?

 

 入職三週間で突然『発達障害』とか言われても、「え?」って感じですし、見学の仕方が悪かったのなら、そのように指導すれば良かったわけで。

 

 『発達障害』とか、今すごくタイムリーで、悪く言うと「流行っている」障害ですけど、保健師って普段からそのような方々に関わっている職種なのに、それをたかが入職三週間の、経験年数も少ない人間に、断定的にいきなり言ってしまうのって、正直人権侵害なのではないかな……とも思います。

 これが、入職して半年ぐらい経っていて、そういう状態なら自分としても納得なんですけど……。

 

 他にも、「三週間目にしては覚えが悪い」なんて言われてしまって、「はぁ?」って感じでした。

 保健師の仕事って、ただでさえ多岐に渡りますし、マニュアルも無ければ型にはめられる職業でもないのに、そんな三週間で「覚えが悪い」って言われる意味がわかりませんでした。

 

 他にも、精神疾患希死念慮を抱える母親のケース会議で、先輩保健師達が、

「そんなに死にたきゃ死ねばいいのにね~」

 なんて言って笑っていたり、

 

 自分の意向に従わない保健師に向かって、部署のトップの人間(非医療職者)が

「馬鹿な保健師の癖に意見してくる……」

 なんて言っていたり、

 

 保健師の質も悪ければ、職場環境も物凄い悪いところでした(笑)

 

 結局、半年もしないうちに、すぐ辞めましたけどね(笑)

 退職する時も、特段引き留めとかもなく、その日のうちにさっさと辞められました。

 よっぽど煙たがられていたんでしょうね、私……。

 

 で、今日はそんな保健師の闇を書いていきます!

 

 まず、そんな私が勤めていた、ブラックな市町村の条件を挙げさせていきますね!

 

 

 ①年度途中に中途採用の募集がある

 ②一度にたくさんの人数の募集がある

 ③『第二新卒チャレンジ』などと銘打った中途採用の枠がある。

 ④一般的な教養試験とは違った形の採用試験の形式がある。

 

 

 はい。もう本当にこれに尽きますね……。 

 

 全ての条件が物語っているのが、結局

 

『辞める人が多いから、その分たくさん人を募集しよう』

 

 という背景ですよね……。

 

 しかも、③の『第二新卒チャレンジ』という枠も、結局、

 

「新卒で一から育てるの面倒だけど、かと言ってベテラン過ぎて自分達で制御できないのも困るから、社会人2~3年目で、従順な人を選ぼう」

 

 っていう魂胆が透けて見えます……。

 

 ①は、

「一年勤められない人が多いから、年度途中でも新しい人を採用しなければならない」

 ってことですし、②は、

「辞める人数が多いので、採用する人数も多くしなければならない」

 ってことですし。

 ④も、

「一般的な公務員の教養試験で合格出来ないような状態の人でも、なんとかして採用したい!」

 ってことですし……。

 

 ②は、政令指定都市など、人口が多い地域では採用人数が多いのですけれど、そうでない市町村がそういうことをしていたら要注意ですね……。

 というか、政令指定都市などの保健師って、基本激務で、母子なども介入が難しいケースが多いので、あんまり長く仕事が続かないんですって……。 

 

 私は病院勤務が嫌過ぎて、デスクワークがしたくて保健師になったのですが、上記の条件がそのまま当てはまる状態の職場に入職になり、本当に要らぬ苦労をしたと思いました。

 保健師になってしまえば、そのまま定年まで順調に勤められるかな……と期待していたのですが、甘かったですね……。

 私が入職する前にも、新人が入ってすぐに辞めてしまった、という前例があったらしいです。入った当初は何でかわからず、結局最後まで本当の理由はわからずじまいでしたが、今となってはなんとなくわかるような気がします……。

 

 私は一か所でしか保健師をしたことがないのですが、学生時代の友人で保健師になった友達や、大学の保健師の教授から話を聞いても、概ねこんな感じの市町村がブラックらしいので、保健師になりたい方は、参考にしてみてください。

 

 

 

投資信託をやってみたい

 こんにちは、青海波です!

 

 将来はあまり働かず、遊んで暮らす……とまではいかないまでも、ほどほどに休めて静かに小説でも書いているような暮らしをすることが夢です!

 

 というわけで。

 

 こんな本を購入しました!

 

 

 大学は看護学科だった青海波は、もちろん経済のこともお金の仕組みのことも、あまりわかっていませんでした。

 えぇ、本当に。

 社会福祉制度は国家試験にも出て来たのでほどほどに知ってはいたものの、ガッツリ経済となると、ぜーんぜんわかりません。

 

 しかし、この本は本当にわかりやすかったですね。

 難しい文章が並べ立てられていると、やっぱりとっつきにくくて、わからないことも多くてすぐ飽きて心が折れてしまうんですけど、この本では、二十代からお金を貯めたり増やしたりする方法がわかりやすく書かれています。

 最初は具体的な生活習慣から、ページが進むにつれて投資の仕組みなど、看護学科だった私では到底学べなかったお金のアレコレを、細かくポイント別にまとめてくれていたため、サクサク読むことが出来ました。

 

 他にも本は買ったのですが、難しいものだとあまり読めておらず……。

 なんというか、一回『難しい』と認識してしまうと、脳が拒否反応を起こしてしまうんですよね……。

 もう少し、自分がお金のことについて理解してからもう一回読もうかな……みたいな感じでした……。

 

 で、その中で出て来たのが、『積み立てNISA』です!

 

 楽してお金は稼ぎたい。というか、この場合は『増やしたい』が妥当でしょうか。

 だけど、株とかFXとか、高額な投資には手を出したくない。

 そんな私にうってつけなのが、この制度でした。

 

 なんでも、投資額が年間40万円を上回らなければ、非課税だとか。

 通常の投資は、儲けた額の20%は税金で持って行かれてしまうので、それが無いみたいです。

 しかも、1000円ぐらいから投資できる商品もあるみたいなので、そのぐらいの金額ならリターンは少ないけれど同時にリスクも少ないので、私みたいな投資初心者でもなんとか出来るかな……と思いました。

 

 それで、早速口座開設を申し込みました!

 

 私が申し込んだのは楽天銀行です。

 楽天証券もありますし、ポイントも溜まるみたいなので、随分ログインしていなかった無料メールアカウントを引っ張りだして、申し込みました。

 口座開設はwebで申し込みをすることが出来て、次に身分証明書を写メしてネットで送信orコピーを郵送で送る、という手続きを踏んで、またwebでパスワードなどの設定をすれば完了です。

 その後、積み立てNISAの口座にするためにまた申請を行いました。

 申請を行ったばかりなので、それが認可された後の手続きはまだしていないのですが、今から少し楽しみです。

 

 自分が置いたお金が増えるって、どんな感覚なんでしょうね。

 私はこれ以上働くことは出来ないし、今の会社で正社員で働くのも迷ってはいますし、正直週5で働くのは精神的にも体力的にもキツいので、自分が働かなくても入ってくるお金が少しでもあれば、余裕が出来ると思うのです。

 今の会社も、正直一年以上の職歴が欲しいから働いているだけで、その後はどうしたいのか、まだ自分でもわかりませんし。

 派遣の訪問入浴で食いつないで、プラプラしてもいいのかなぁ~とか、勝手に思ったりしています。

 採血は好きなので、採血専門の単発バイトを探してもいいのかもしれませんね。

 

 今の私は実家住まいだし、家に納める生活費が払えればそれでいいかな……みたいな感じもあるので。

 

 やっぱり、楽に生きるために、今から色々始めることは大事ですよね♪

 

 




 ランキング参加しています!よろしくお願いいたします!

 

 


看護師ランキング